いくつかの工程がある

歯に詰め物をする

それほど悪化していない虫歯は歯を削り、削った部分に詰め物をして治療が終了します。
ですが治療が終わるまでには時間が掛かり、まずは仮の詰め物をして、それから本物の詰め物をする流れで進みます。
最低でも、複数回は歯医者に通院すると覚えておきましょう。
症状の進行具合によって通院回数は変わり、悪化していると回数が増えるのです。

仮の詰め物を外す際はピンセットを使わず、エキスカベーターと呼ばれる専用の器具を使います。
仮といっても歯にしっかりと密着しているので、ピンセットで無理に取ろうと思ってもうまくできません。
歯に余計な負担を与えたり傷つけたりする恐れがあるので、エキスカベーターを使う決まりになっているのです。

根幹治療に使っている

虫歯が悪化したとしても、歯を抜きたくないと思っている人がほとんどでしょう。
そこで最近では、根幹治療が行われています。
根幹治療は先に虫歯を治療して、次に歯の奥や根元を念入りに消毒して、抜かなくても良い状態にする方法のことです。
一方でこの方法は細かい作業が多く、非常に複雑なものです。
肉眼で患部を見ながら治療を進めるのは大変なので、マイクロスコープと呼ばれる器具を使います。

マイクロスコープは歯医者でよく使われる顕微鏡で、モニターに患部が大きく表示されます。
わかりやすく、切開する部分が少ないので、患者に与える負担が少ないメリットがあるのです。
敢えてデメリットを挙げるなら、治療期間が長いことぐらいでしょう。