唾液や水が出てきてしまう

余計な水分を吸う

バキュームと呼ばれる器具を使い、口内にある水や唾液を吸います。
水や唾液があると治療がうまく進みませんし、患者が苦しくなってしまうためです。
喉が詰まったりむせたりして、非常に危険な状態になるので、治療中は常にバキュームを使うのが一般的です。
唾液は、口内に異物が侵入した時に分泌されやすいと言われています。
異物には治療器具も含まれるので、唾液がたくさん出ても恥ずかしがらないでください。
また医師にとって迷惑ではないので、バキュームで吸ってもらいましょう。

一方、医師がバキュームと他の器具を同時に使って治療を進めるのは難しく、歯科助手が担当することが多いです。
ですから歯の治療は、2人がかりで進むケースがあります。

クリーニングを受けよう

探針は虫歯の有無を確認するだけでなく、歯の周りに汚れが付着していないかどうかを確認できます。
そのため、歯のクリーニングを受ける際も見かけるでしょう。
クリーニングは固くこびりついた汚れを落とし、口内の清潔な状態を維持するために欠かせません。
虫歯や歯周病などの病気を予防できるので、ぜひ受けてください。

普段の歯磨きだけでは、不十分と思っていませんか。
汚れがこびりついてしまうのは、普段の歯磨きが間違っていたからと思っている人がいるでしょう。
それなら、歯医者で正しい歯磨きを教えてもらってください。
併せて自分に合う歯ブラシを選択することが、汚れをより落とすことに効果を発揮します。
この機会に、自分の歯磨きを見直しましょう。